椎間板ヘルニアなび TOP → 椎間板ヘルニアの基礎知識 椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは

椎間板は背骨を構成している24個の骨の1要素です。人間の背骨は1本の骨でできているのではなく椎骨と呼ばれている小さな骨が24個積み重なることによって成り立っています。

そして椎骨と椎骨の間にあるクッションのような役目のものを椎間板と呼び、一種の軟骨です。椎間板はさらに周囲を囲んでいる硬い部分の繊維輪と、その中心部分である髄核に分けられます。

そのため椎間板ヘルニアとは、周囲を囲んでいる硬い繊維輪に亀裂が生じて破れることによって、中心にある髄核が飛び出してしまう事です。

背骨には多くの神経が集まっています。飛び出した椎間板が神経を圧迫する事によって、椎間板ヘルニアの激しい痛みやしびれが起こると考えられています。

ヘルニアは突出した状態という意味がありますので、何かの物質を指しているのではなくあくまで状態について指している単語なのです。そのため椎間板ヘルニアとは、字のごとく椎間板がヘルニアの状態ということです。

そして背骨を構成している椎骨と椎骨の間にあるクッション材の椎間板が主に後方に突出してしまった状態を椎間板ヘルニアといいます。

腰のあたりの椎間板で発症するヘルニアのことを腰椎椎間板ヘルニアと呼び、首のあたりの椎間板で発症するヘルニアのことを頚椎椎間板ヘルニアと呼びます。

また、はみ出した状態のヘルニアが背骨の後ろ側の空洞内に通っている重要な神経を圧迫して起こる下半身のひどい痛みを坐骨神経痛といいます。

椎間板ヘルニアの基礎知識

タキソテール
タキソテールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

すっぽんスープ通販 巣鴨三浦屋│【飲むエステ】コラーゲンと必須アミノ酸が豊富な食品(サプリメント)の効果を是非味わってください!お中元やお歳暮へも人気
http://e-shop.tj.shopserve.jp/