椎間板ヘルニアなび TOP → 椎間板ヘルニアの基礎知識 椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアによって様々な症状が起こりますが、代表的なものとしては片側の下肢痛です。人によっては臀部から足にかけての猛烈な激痛を訴える場合もあり、せきやくしゃみをしただけでも、激痛に見舞われると言われています。

通常痛みやしびれは片側だけに起こりますが、はみ出した状態のヘルニアが巨大な場合は両側に症状が出ることもあります。

このように脊髄や神経根の圧迫によって起こる坐骨神経痛は椎間板ヘルニアの特徴的な症状です。この他にも椎間板へるにはの症状には腰痛や冷感、腰から足先までのしびれと痛み、しびれによる感覚障害、筋力の低下などがあり、ひどくなると排尿障害なども起こります。

椎間板ヘルニアかどうか診断するためには、自覚症状について考えてみる必要があります。椎間板ヘルニアでは次のような自覚症状がありますので、気になるようであればチェックしてみるとよいでしょう。

・立った状態ではすぐに辛くなってしまう。
・ほんの15分程度でも椅子に腰掛けた状態が辛い。
・30分以上歩くと腰が痛くなったり、下肢にビリビリするような放散痛を感じる。
・前かがみの姿勢になると痛みが増す。
・下肢の一部を触ってみても感覚が鈍い気がする。
・座っている状態から立ち上がる動作が辛い。
・膝を伸ばした状態で下肢を持ち上げるのが辛い。

椎間板ヘルニアが重度の状態になると上記だけでなく排尿障害や便秘、頻尿、インポテンツなどの症状を引き起こしてしまう場合もありますので注意しましょう。

椎間板ヘルニアの基礎知識

【楽天市場店:父の日「お酒名入れ」/日本酒ギフトセット/焼酎ギフトセット/梅酒ギフトセット/酒器セット贈り物】
http://www.rakuten.ne.jp/gold/osake-utuwa/

透析 送迎
透析の送迎なら五反田ガーデンクリニック!