椎間板ヘルニアなび TOP → 椎間板ヘルニアの基礎知識 椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアは腰痛の王様であるともいわれるように、腰痛が悪化することで発症する場合が多く、椎間板ヘルニアは主に腰椎に対する過剰な負荷が原因になっていることが多いようです。

・日常生活の動作
中腰の状態で重い物を持つ動作や、ゴルフやテニスなど腰を強くひねる動作、長時間の座り仕事や運転などを繰り返すと腰痛の原因になります。これらの動作は共通して背骨によって腰に負担がかかってしまうので、椎間板ヘルニアの原因となります。

・姿勢の悪さによる背骨の歪み
悪い姿勢のまま偏った動作をくり返していると、背骨や骨盤が歪みやすくなります。骨盤が歪んで傾くと、同時に背骨(腰椎)も傾くことになってしまいます。

脊柱は横から見るとS字型の生理的カーブを描いています。このS字型の形状を崩すことは、背骨の形を変えるだけでなく椎間板の形を変える事になり、腰に負荷が掛かった結果として変性してしまいます。

・椎間板の老化
椎間板は20歳を過ぎると徐々に投下して弾力を失っていくと言われています。そして進行していくとちょっとした動作だけでも衝撃や圧迫に耐えることができなくなり、髄核が突出しやすくなるのです。そして同時に日常生活での様々な動作が引き金となって椎間板ヘルニアが引き起こされます。

・骨の老化
加齢によっても骨は老化していきますが、最近では偏った食事などでカルシウム不足が問題となっています。カルシウムが不足してしまうと、骨粗鬆症や骨の変形を起こしてほんの少しの衝撃だけで骨が欠けたり、椎間板を潰してしまったりする場合があります。

椎間板ヘルニアの基礎知識

中古iphone携帯買取東京
http://mobileone.co.jp/

ナースサンダル 黒
黒のナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!