椎間板ヘルニアなび TOP → 病院での椎間板ヘルニアの治療 椎間板ヘルニアは治るのか

椎間板ヘルニアは治るのか

椎間板ヘルニアと診断されると多くの人は「このまま歩けなくなってしまうのかも」 「一生痛みとつきあっていくのか」といったように、ネガティブに考えてしまうかもしれません。

一度椎間板が潰れてしまうと完全に回復することは難しいと言われていますが、椎間板ヘルニアの症状の多くは、数カ月から半年程度で治癒することが多いと言われています。

何を基準として完治したと考えるかは、個人個人の捉え方や希望によって違ってくるかと思いますが、あまり悲観的にならないで前向きに治療に取り組んでいきましょう。しかし症状によっては椎間板ヘルニアの手術が必要となる場合もあります。

詳しいメカニズムについては不明な部分も多くあるのですが、椎間板ヘルニアを患った方のうち60%の方が3ヶ月で自然に痛みが改善したという報告があります。

改善した理由には、背骨の構造の変化により安定した形になったことや痛みに対する体の防御反応により痛みの感じ方が鈍くなった、ヘルニアになった部分の炎症が起きにくくなったなど、本来人間の体がもっている自然治癒能力によるものと考えられます。

椎間板ヘルニアは辛抱強く治療を行えば手術をしなくても自然に改善されていくことが多いと言われていますが、それには自分自身の生活習慣を見直す必要があり、それを怠ると再発してしまう危険性があります。

再発を防ぐ為にも椎間板ヘルニアを引き起こした根本的な原因がどこにあるのかについてじっくりと考えてみる必要があります。

病院での椎間板ヘルニアの治療

オーダーカーテン 東京
http://www.monreve-japan.jp/

介護のベッド
http://www.rakuten.co.jp/auc-okasei/