椎間板ヘルニアなび TOP → 病院での椎間板ヘルニアの治療 まずは保存療法

まずは保存療法

整形外科で椎間板ヘルニアを治療する時は、緊急に手術をしなければいけない場合を除いて保存療法からスタートしていきます。保存療法によって椎間板ヘルニアの80%〜90は症状が改善されると言われています。

急性期の椎間板ヘルニアの保存療法では、消炎・鎮痛剤や筋弛緩剤の内服によって痛みを取り除いて様子を見ながら、コルセットで体を固定して安静にします。同時に痛みをコントロールするためにブロック注射を行う場合もあります。

コルセットを作らなくても、市販の腰痛ベルトとひとつもっていると日常生活の様々な面で役に立ち生活をするうえでサポートになりますので、活用することをおすすめします。

急性期を過ぎてからの椎間板ヘルニアの保存療法では、温熱療法や低周波治療、ストレッチの指導などが行われます。椎間板ヘルニアは多くの場合保存療法によって改善されることが多いのですが、急性期が過ぎても症状が改善しない場合は牽引療法が行われます。

また椎間板ヘルニアの治療は整形外科以外でも行うことができます。整形外科で改善されない場合はカイロプラクティックや整体、鍼灸、整骨院(接骨院)での治療を考えてみるのも良いかもしれません。

しかし、排尿障害などが出ていて症状が重いケースでは手術を必要とする場合もありますので、その時は医師と十分に相談をする必要があります。

椎間板ヘルニアは多くの場合、数カ月間で改善されるものなので、安心して治療に取り組んでください。

病院での椎間板ヘルニアの治療