椎間板ヘルニアなび TOP → 病院での椎間板ヘルニアの治療 手術について

手術について

椎間板ヘルニアの多くは、症状が出てから数カ月の間に縮小や消失することも多く、自然に症状が改善していきます。しかし、残念ながら保存療法を行っても効果が見込めない方や社会への早期復帰を希望される方には、医師から椎間板ヘルニアの手術を勧められるでしょう。

また椎間板ヘルニアは緊急に手術することを考えなければいけない場合もあります。それは、排尿や排便が困難になる膀胱直腸障害が出ている場合や持続的な強い痛みがある場合、下肢の麻痺がひどい場合などです。

そのため手術は、最終的な手段と考えましょう。また椎間板ヘルニアの手術方法はいくつかあり、どの手術方法が自分にとって理想的で負担が少なく済むかについてもしっかりと理解しておくとよいでしょう。

椎間板ヘルニアの手術では進入経路も大きく関係していて、手術の侵入経路は大きく分けると後方、前方、後側方、前側方があります。それぞれ症状によって使い分けられますが、患者にとっての理想的な手術は、開口部が小さく神経や血管を傷つける心配がないこと、また出血量が少なく時間も短いことなどがあげられます。

手術方法はそれぞれに短所や長所があり、症状によっても改善が期待できる物や出来ない物、また体への負担が少ないものや大きいものなどがあります。

手術は最終手段と考えるべきですが、手術を決心した時は痛みを取り除くことだけに執着せず、実績のある専門医師と十分に相談し、自分が納得したうえで行うようにしましょう。

病院での椎間板ヘルニアの治療

ノベルティ
ノベルティ景品など

犬と泊まれる宿 那須
犬と泊まれる宿を那須でなら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!

コンプラビン
コンプラビンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ヘッダー付き袋印刷OPPテープ付き袋 規格袋
http://www.sideseal.jp/