椎間板ヘルニアなび TOP → 病院での椎間板ヘルニアの治療 様々な手術方法

様々な手術方法

・高出力レーザー 経皮的レーザー椎間板減圧術
保存療法と切開手術の中間的治療法で、皮膚の上から針を刺して髄核にレーザーを照射し、髄核を蒸散させて内圧を下げてヘルニア塊を引っ込めます。残念ながらすべての椎間板ヘルニアに有効なわけではなく、効果を得られない場合もあります。手術時間は短く負担も軽いのですが、保険適応ではないため20万〜40万の費用かかります。

・ラブ法
全身麻酔で数センチ切開し、腰椎の一部を削って脱出して神経を圧迫しているヘルニアを切除して摘出します。ヘルニアの手術ではよく行われる方法で、手術時間は30分〜1時間程度で、1週間〜3週間の入院が必要になります。

・内視鏡手術
全身麻酔で背中を2cm程度切開して内視鏡と外筒管を挿入し、モニターに映し出された画像を見ながら髄核を摘出する手術方法です。

・顕微鏡手術
全身麻酔で1.5cm〜3cm程度切開して、顕微鏡を用いてヘルニアを摘出する手術です。手術時間は40分〜1時間程度で2週間程度の入院が必要となります。

・経皮的髄核摘出術
局所麻酔で背中に直径数ミリの管を刺して鉗子を入れ、X線を見ながらヘルニアを摘出する手術です。手術時間は30分〜1時間で、欧米では日帰り手術で行われることもあります。

・椎弓切除術
靭帯や背骨の一部を取り除いて神経圧迫をなくす手術で、手術後の数ヶ月間コルセットを着用する必要があります。

・固定術
手術で神経への圧力を取り除いた後に、不安定になる脊椎に骨を移植したり、金属金具を使って椎体間を固定する方法です。手術後はコルセットを着用する必要があります。

病院での椎間板ヘルニアの治療

http://www.pethoteltokyo.com/
東京ペットホテル