椎間板ヘルニアなび TOP → その他の椎間板ヘルニア治療 接骨院

接骨院

接骨は整骨や骨つぎ、柔道整復などと呼ばれ、日本独自の保存治療であり、日本古来の武術や柔道における治療術が基本となっています。接骨院が治療対象としている症状は骨折や脱臼、打撲、捻挫、肉離れ、スポーツ障害、むちうち等ですが、椎間板ヘルニアも治療にも効果があります。

接骨院での椎間板ヘルニア治療の原理は、椎間板からはみだした髄核が脊髄神経を圧迫させているので、背骨と背骨の間隔を上下に広げることで髄核を元の位置に戻して、椎間板にかかる圧迫を軽減させることです。

しかし、いきなり背骨と背骨の間隔を広げることはできないため、まずは背骨や骨盤の歪みを矯正して身体を安定させた上で腰を矯正していきます。

接骨院では椎間板にかかっている圧迫を軽減させれば、より自然治癒力を高めることができて椎間板ヘルニアが早期に改善されていくと考えられています。そして実際にかなりの完治例があるようです。

接骨院での治療は国家資格を持っている者だけが施術することができる免許制になっています。そして保険適応内治療で、接骨院は柔道整復法と呼ばれる法律を土台として薬物治療の禁止など様々な制約があります。

現在、整形外科が増えてきたことから接骨院の数が減少の一途を辿っていますが、接骨院では新たにそれが電子機器による低周波や高周波、超音波治療などが行われていて、劇的に症状が改善される患者様も増えてきています。

椎間板ヘルニアに関する接骨院の治療でも様々な方法が行われていますので、もし椎間板ヘルニアで腰痛が発症した場合は、接骨院も選択肢のひとつとして考えてみるとよいでしょう。

その他の椎間板ヘルニア治療

サイモグロブリン
サイモグロブリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!