椎間板ヘルニアなび TOP → 椎間板ヘルニア対策 水中での運動

水中での運動

水中での運動は椎間板ヘルニア対処にとても効果があると言われています。水の中は重力の影響が小さいため腰や体に負担をかけずに誰でも移動することができます。

これは普段から重力の影響によって大きな負担がかかっている腰や膝にとってだけでなく身体全体にとって優しい状態になります。

重力の影響を受けない状態を長く続けると、筋肉が使われず宇宙飛行士のような筋力低下が起こるのではないかというリスクも考えられますが、意図的に水中運動をすることは水筋肉が受ける水の抵抗によって重力とは別の抵抗が発生するため椎間板ヘルニア対策には非常に効果的です。

水中運動は椎間板ヘルニアになった患者さんが最も気を使う「腰にかかる負担」を軽減することができ、筋肉にかかる負担も意図的に調整することができるので、筋力トレーニングとしては非常に理想的な環境です。

水中でのトレーニングは特に高齢者の方におすすめです。高齢者は筋肉や骨の衰えが目に見えてわかる方も多いので、リハビリとして少しずつ行っていくと非常に良いトレーニングになります。

高齢者と椎間板ヘルニアの患者にはトレーニングジムでのエクササイズよりもプールでのエクセサイズの方が効率的です。しかしプールでの運動も油断は禁物で、運動する際はこまめに休息をいれて無理しないように行いましょう。

水中ウォーキングはおすすめで、水の中で歩くだけでもちゃんと効果が得られます。また水中では動くだけで十分にトレーニング効果が生まれますので、特に決まった形はなく自分がやりやすい形で行うとよいでしょう。

椎間板ヘルニア対策