椎間板ヘルニアなび TOP → 椎間板ヘルニア対策 腹式呼吸

腹式呼吸

椎間板ヘルニア対策には腹筋を鍛えることが大切ですが、毎日腹筋運動をするとなるとなかなか続かない方も多いのではないでしょうか。そんな方には簡単に腹筋を鍛えることができる腹式呼吸がおすすめです。

腹式呼吸とは呼吸法のひとつで横隔膜を上下させて行います。腹式呼吸は欧米ではなかなか使われない言葉ですが、東洋では昔から健康法のひとつとして特に太極拳や気功、ヨガ等で心身の調子を整える方法として取り入れられていました。

腹式呼吸を行と腹腔内圧がアップして腹筋の強化につながります。椎間板ヘルニアと診断された患者のほとんどが病院から腹筋と背筋を鍛えるように指示されることがあると言われています。

しかし腹筋運動や背筋運動はオフィスや学校でところ構わずできるものではなく、ましてや椎間板ヘルニアで激痛がある方にはとても出来るものではありません。

その点腹式呼吸はやり方を覚えると、いつでもどこでも空いた時間で気軽にでき、体力もそれほど必要としませんし、また腹式呼吸には腹筋強化のほかに様々なメリットがあります。

それは、胃腸の働きが活発になり便秘が解消されること、血流が良くなるので冷え性が改善される、自律神経が調整されてリラックスできる、有酸素運動によるダイエット効果などです。

腹式呼吸の基本はお腹を意識して鼻から空気を吸い込んでふくらませ、口から吐き出すことです。ゆったりと深く大きく息を吸み、おなかをへこませるように息を吐き切るようにしましょう。一日10分続けるだけで、腹腔内圧アップにつながり、腰痛が改善されていくでしょう。

椎間板ヘルニア対策

フルダラ
フルダラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!