椎間板ヘルニアなび TOP → 椎間板ヘルニア対策 ウォーキング

ウォーキング

椎間板ヘルニアの対策としてはもちろん予防や再発防止のためにもウォーキングを取り入れることをお勧めします。

ウォーキングは他の運動と比べると、腰へかかる負担が少なく腹筋や背筋の強化につながり、また足腰の筋肉を鍛えるためにもとてもよい運動です。

そしてウォーキングは歩くだけなのでお金がかからず、自分の都合によっていつでもマイペースで行うことができます。そして何よりも椎間板ヘルニアの予防や再発防止だけでなく、誰もが気になる生活習慣病の予防にも役立ちます。

そればかりでなく他にも心肺機能の強化、血管を強くする効果、骨を丈夫にする効果、脳の働きの活発化、ストレス発散、肥満防止などの効果が期待できます。

ウォーキングは毎日15分〜30分で構わないので、長く継続することが一番大切です。日常生活では通勤で一駅手前の駅で降りて歩く、エスカレーターでなくなるべく階段を使うなど、意識して歩くことを意識した生活を送ると、椎間板ヘルニアの予防と再発防止になります。

歩く時のポイントは、なるべく体に力を入れないようにしてリラックスすること、頭の真上から糸で体を吊られているような感覚で姿勢を意識しながら歩くこと、足はかかとから着地して親指で地面を蹴るようにすることが基本です。

その他にもつま先を軽く開くようにして直線上を歩く、いつもより少し広めの歩幅をとること、呼吸は吐き方を重視することなどを意識するとさらに良いでしょう。

椎間板ヘルニア対策

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/