椎間板ヘルニアなび TOP → 椎間板ヘルニア対策 腰痛ストレッチ

腰痛ストレッチ

椎間板ヘルニアは運動不足やストレッチ不足によって筋肉がガチガチに固まってしまうことが大きな原因となるようです。そのため毎日簡単なストレッチを少しずつ行って筋肉を強化して筋肉の柔軟性を取り戻し、腰痛に強い体を作っていきましょう。

腰痛ストレッチはウォーキングと同じで継続的に続ける事が大切で長く続けると効果が出てきます。デスクでの座り仕事の合間や夜寝る前にストレッチを行うと自然に腰痛に強い体になっていきます。

・腰と背中を伸ばす イスに座って股を開き、背筋を伸ばして息を深く吸い込みます。息を吐きながらゆっくりと身体が両足につくように上半身を曲げて3つ数えてもとに戻します。

・上半身の前側と腰と背中を伸ばす イスに深く腰掛けて背筋と両腕と肘をしっかりと伸ばして、息を吸いこみながら上半身を後ろにゆっくり反らせます。息を止めて3つ数えて元に戻します。

・腰と太ももの裏を伸ばす体操 イスに深く腰掛けて片側のひざを両手で抱えて胸まで引き上げ、3つ数えた後ひざを下ろします。両方の膝を行いましょう。

・背筋を伸ばす体操 あお向けでお腹に力を入れて両膝を両手で抱え込みます。そのままの状態で約1分後に息を吐きながらゆっくりとひざを伸ばしていきます。

・ひざの裏側を伸ばす体操 両足を伸ばして座り、手の指先を足の先まで届かせるように少しずつゆっくりと上半身を倒していき、3つ数えて元の姿勢に戻します。

同じ姿勢を長く続けると、腰に負担がかかってしまいます。仕事中など気がついた時に上記のエクササイズを試してみてください。

椎間板ヘルニア対策

歯科衛生士採用ページ 。岐阜市北島 りお歯科クリニック
http://www.rio-dc.com/sd/eiseishi

パナルジン
パナルジンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!