椎間板ヘルニアなび TOP → 椎間板ヘルニアの予防 腰痛ベルト

腰痛ベルト

腰痛ベルトは装着するだけで椎間板ヘルニアが改善されるという物ではありませんが、体幹の動きを制限することによって痛みの出る動作や姿勢を予防してくれ、体を支えている腹筋や背筋をサポートしてくれるので、一本持っておくと便利です。

市販の腰痛ベルトを用意しておくと、必要な時に応じて装着できますし持ち歩けるため、椎間板ヘルニアやぎっくり腰に不安がある方にはとても心強く役に立ちます。腰痛の予防のために自分にあった腰痛ベルトを1本もっておくことをおすすめします。

特に重い物を持ったり運んだりする動作が多い職業の方は、腰痛ベルトを装着することで椎間板ヘルニアの予防や腰痛の再発防止に力強い見方になってくれるでしょう。

腰痛ベルトは日常生活をサポートする上ではとても効果的なものですが、漫然とただつけることはやめましょう。腰痛ベルトを長い間装着することによって、本来働くべき筋肉が弱くなってしまいます。

3ヶ月間までの装着であれば筋力は落ちないという研究結果がありますが、腰痛ベルトで体を締め付けることで血流が悪くなってしまいますので、あまり良くありません。腰痛ベルトは痛みが軽くなってきたら長時間装着しないようにして、必要に応じて装着するように心がけましょう。

日常生活をサポートするための腰痛ベルトは、腹圧を逃がさないできちんと固定できるもの、日常の動作をなるべく妨げないもの、通気性が良いもの、ちょっとした動作でズレたりしないものを選ぶとよいでしょう。

椎間板ヘルニアの予防

スクラブ 医師
スクラブの医師なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ドネペジル
ドネペジルなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

鹿児島空港 レンタカー
http://www.dgachn.org/