椎間板ヘルニアなび TOP → 椎間板ヘルニアの予防 子供のうちから予防しよう

子供のうちから予防しよう

椎間板ヘルニアは姿勢の悪さが大きな原因だと言われています。そのため日常生活での姿勢に注意するだけで、腰痛の大部分は予防することができます。

特に子供の頃から悪い姿勢をしているとそれが習慣となって大人になってから直すことが難しくなってしまいます。そのため悪い姿勢は子供のうちから治すことが大切です。

子供にとって勉強は楽しいものではありません。イヤイヤ勉強する子供達は頬杖をついたり、極端に前かがみだったり姿勢が悪いことが多いのです。

このような悪い姿勢によって背骨が横に曲がったり、背中が丸くなったりする状態が習慣化してしまうと、大人になってから腰痛を引き起こす原因となってしまいます。子供時代の悪い姿勢は習慣化してしまうことが多く、正しく直すことが難しくなってしまいます。

また姿勢が悪くなるのは上記のように物理的、動作的なものだけでなく、子供の情緒障害も姿勢に影響を及ぼしてしまいます。これは大人も同じで、心配ごとや悩みごとがあったり、自分に自信が持てなかったりする時はどうしてもうつむきかげんになって猫背になることが多いものです。

そして子供は心の表現を体で現すことが多いので、そのような子供が発するSOS信号を親が見逃さないように、日常的に子供とのコミュニケーションをとって、子供の精神状態を察してあげるようにしましょう。

また運動不足も姿勢が悪くなる原因になります。最近の子供達はゲームなど知的な遊びをすることが多く、外で遊ぶ機会が少なくなってきています。発育過程で体を動かさないと体は発育しても体を支える筋肉や靱帯の発達が追いつかなくなってしまうのです。

椎間板ヘルニアの予防

抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!

ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/