椎間板ヘルニアなび TOP → その他の腰痛 座骨神経痛

座骨神経痛

座骨神経は腰椎から出て、お尻や太ももの後ろを通ってふくらはぎや足の先まで通っている末梢神経のことで、座骨神経通とは様々な原因でその神経が圧迫、刺激されることによって起こる痛みのことです。

座骨神経痛の特徴は片側の臀部や太ももの後ろ、ふくらはぎに痛みを生じ、その痛みは軽い痛みやしびれなどの知覚症状だと言われています。かかとやくるぶし、足の裏側まで痛みが走る場合は重度になっている可能性が高く、ひどいと重い麻痺症状を引き起こしてしまいます。

座骨神経痛の原因の多くは腰椎の椎間板ヘルニアや中高年者によく見られる脊柱管が狭くなって神経を圧迫する腰部脊椎管狭窄症によるもので、この他にも腰椎の腫瘍や骨盤腫瘍、脊椎の変形、前立腺がんなども原因となる場合があります。

また、カルシウム不足によって正常な新陳代謝が行えず骨が軽くかけてしまい、腰痛や座骨神経痛、肩凝りなどを引き起こす場合もあります。

座骨神経痛では痛みの原因となっているものを特定して、それに合わせた治療をすることが大切です。

座骨神経痛の地慮は鎮痛剤や痛みがひどい場合は硬膜外ブロックや神経根ブロックと呼ばれる麻酔薬の注射を行います。これらによって改善が見られない時は手術を行うことがあります。

特に中年以上になると椎間板の老化によって、重い物を急に持ち上げた時に椎間板ヘルニアになって座骨神経痛を引き起こす可能性が高いので注意が必要です。

日常生活では長い時間同じ姿勢でいないこと、無理に重い物を持たないこと、前かがみや中腰姿勢に気をつけること、栄養バランスの良い食事と適度な運動を心がけましょう。

その他の腰痛