椎間板ヘルニアなび TOP → その他の腰痛 脊椎の病気

脊椎の病気

・変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)
変形性脊椎症は老化現象のひとつで、中高年に多い病気です。背骨は椎骨がいくつも積み重なった状態で、背骨を自由に動かせるのは椎骨と椎骨をつないでいるなめらかで弾力性のある軟骨様の椎間板があるからです。

加齢とともに椎間板の弾力性が失われていくと、力が加わることで椎間板に接する椎体部分に骨が増殖して骨棘(こっきょく)と呼ばれる出っ張りが出来てしまいます。この出っ張りによって神経が刺激されたり圧迫されたりすると痛みを引き起こすようになります。

・腰椎変性すべり症
中年以降の女性に多い症状で、第4腰椎と第5腰椎の間に起こりやすく、椎間板の変性や椎間関節の変性によって起こります。起こる症状は腰痛や座骨神経痛、足のしびれ、足の筋肉低下などです。

脊椎の形状を安定させるための椎間関節に問題がある方に起こりやすく、老化による椎間板の変性によって脊椎がゆるんだ状態になると、第4腰椎が第5腰椎を少し乗り越えて前にずれてしまい脊柱管が狭くなって様々な症状を引き起こします。

・腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)
脊柱管とは背骨の中央に縦に伸びる円筒状の空間のことで、この中には脊髄や神経が入っていて固く保護されています。脊柱管狭窄症とは脊柱管が骨やじん帯の変形などによって狭くなって中の神経が圧迫されて様々な症状を引き起こしてしまうことです。

特徴的な症状は間歇跛行で少し歩くだけで足がしびれたり痛みを生じることが多く、座って休むと歩けるようになります。

その他の腰痛

http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/
ポスター印刷

ベナンバックス
ベナンバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

リバティ ラミネート
http://item.rakuten.co.jp/auc-syugeiyasan/c/0000000120/

筆耕 弔辞
筆耕の弔辞なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!